<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【得手行動する!】

為政-18

子張學干祿、子曰、多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤、多見闕殆、愼行其餘、則寡悔、言寡尤行寡悔、祿在其中矣、
子張、禄を干(もと)めんことを学ぶ。子の曰わく、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば、則ち尤(とがめ)寡(すく)なし。多く見て殆(あや)うきを闕き、慎みて其の余りを行えば、則ち悔い寡なし。言に尤寡なく行(こう)に悔寡なければ、禄は其の中に在り。

子張が禄を取るためのことを学ぼうとした。先生はいわれた、「たくさん聞いて疑わしいところはやめ、それ以外の[自信の持てる]ことを慎重に口にしていけば、あやまちは少なくなる。たくさん見てあやふやなところはやめ、それ以外の[確実な]ことを慎重に実行していけば、後悔は少なくなる。ことばにあやまちが少なく、行動に後悔がなければ、禄はそこに自然に得られるものだ。[禄を得るために特別な勉強などというものはない。]」

=長所を伸ばせ!=
得手に帆をあげる~!
HONDAの話にもりあがったです!

得手公。
得手行動。
得手効果。

行き過ぎないで
=長所を伸ばせ=

学びながら進み。
修正しながら歩む。
=手前の準備=
行動を導けないならむしろ少しでも進むべし!

★☆彡☆彡☆彡☆彡
■□■□■□■□
ありがとうございます!プロジェクト13%
分科会
【論語と算盤】
研究会川上茂康です。
\(^O^)人(^O^)/
■□■□■□■□
[PR]
by project13percent | 2006-12-05 08:47 |

【ジグソーパズル論語】

為政-17

子曰、由、誨女知之乎、知之爲知之、不知爲不知、是知也、

子の曰わく、由よ、女(なんじ)にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ。是れ知るなり。

先生がいわれた、「由よ、お前に知るということを教えようか。知ったことは知ったこととし、知らないことは知らないこととする、それが知るということだ」

調べてインターネット。素材情報はいくらでも入るこんにちは、使いこなせる【技】と【業】。文化出来ない深淵の妙と判断の妙があるですよね~。【カリスマ】はまずいみたいな論調から、業氏たちの価値がまた浮き彫りに。
そんな業氏たちの発言は常にこの句を思い出させる。

【不器用ですから。】
=高倉健

☆彡☆彡☆彡☆彡
■□■□■□■□
ありがとうございます!川上です。
\(^O^)人(^O^)/
■□■□■□■□
[PR]
by project13percent | 2006-12-05 08:09 |

12月!

為政-15

子曰、學而不思則罔、思而不學則殆、

子の曰わく、学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あや)うし。

先生がいわれた、「学んでも考えなければ[ものごとは]はっきりしない。考えても学ばなければ[独断に陥って]危険である。」

行動!

やはり人間ことばではなく行動する中でひとの間で擦れ会い脱皮する。
目から鱗も落ちるし。
重き荷物もわけ合える。
謙虚に学びを増やし独断からはなれて。素直に帰するには。上記しかなし
★☆彡☆彡☆彡☆彡
■□■□■□■□
ありがとうございます!プロジェクト13%
分科会
【論語と算盤】
研究会川上茂康です。
\(^O^)人(^O^)/
■□■□■□■□
[PR]
by project13percent | 2006-12-01 08:40 |