「ほっ」と。キャンペーン

いい教師は生徒を知る

ゆっくりと本質をみること。短期的にみた功績をあげること。いままではその場を取り繕う短期的成功がすべてのような会計的短絡的なコピーのアイデアで良かったかもしれない時期が終わった。
長い目で【本物】を見極める=目利き=の時代!
長持ちして互いに勝ちを納め互いに価値を高め合う本物の実質をみんなで探して行こう!

【本物の実質の見分け方を感じる】

為政-09

子曰、吾與囘言終日、不違如愚、退而省其私、亦足以發、囘也不愚、

子の曰わく、吾れ回と言うこと終日、違(たが)わざること愚なるが如し。退きて其の私を省(み)れば、亦た以て発するに足れり。回や愚ならず。

先生がいわれた、「回と一日中、話をしても、全く従順で(異説も反対もなく)まるで愚かのようだ。だが引き下がってからそのくつろいださまを観ると、やはり[私の道を]発揮するのに十分だ。回は愚かではない。」
後の世に顔回は最高の後継者と孔子が認めたとされる人物=回。
一を聴いて十を知る。

【声聞】

仏教の修行・修業のまず始めに現れる特長はブッタの話を聞き魂に浸透できるレベル。

顔回は最高の理解者であり孔子の話を意図する裏の真意を汲み取れるひと
『TOYOTAの仕事のできる人』

背景を汲み取れる
上司の意図する仕事の裏を汲み取れる。

【わけわからん話】
【指示が不明確】

だから仕事しないの?

=会社の利益=
=消費者の利益=

個人の向上と社会貢献の視座の中で環境のせいにしてなんになるんだ!

顔回は最高の後継者
きっと成し遂げるなにか孔子学団に功績を残してるに違いない。

なぜなら
後生の弟子たちがそれを認めた証しがきっと。
孔子の話に会ったはず。
人生。
人の話を聴かずして
できてなかった反省ある
為政-10

子曰、視其所以、觀其所由、察其所安、人焉捜痩哉、人焉捜痩哉、

子の曰わく、其の以(な)す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、
人焉(いずく)んぞ捜(かく)さんや、人焉んぞ捜さんや。

先生がいわれた、「その人のふるまいを見、その人の経歴を観察し、その人の落ちつきどころを調べたなら、[その人柄は]どんな人でも隠せない。どんな人でも隠せない」

以ところ
=やり方・行為
由るところ
=動機

行動からみるのがはじめ戦略・戦術
さらに成功は動機も大切=なにを持って安堵=

【格言】ってすごい!

【熟慮しないとわからないこともあるんだぁ】

真意よく判らないので
【お持ち帰り】

すいません。
研究会はもっとすごい議論してますが。
=あたしのレベルは隠せない。=
徐々によくなるライブ感をご堪能あれ!

えっ!
さがってる!?
★☆彡☆彡☆彡☆彡
■□■□■□■□
ありがとうございます!プロジェクト13%
分科会
【論語と算盤】
研究会川上茂康です。
\(^O^)人(^O^)/
■□■□■□■□
[PR]
by project13percent | 2006-11-09 22:24 | 論語勉強会ー為政


<< 【温故知新!】 為政 >>