世界陸上!走る走る! 今後研究報告10月突入

世界陸上!先週いってきました!日産スタジアム
やはり世界1位を誇る選手は【美しいフォーム】時間をかけ磨きぬかれた繰り返しの習得の美。
一瞬のために精神統一を測るしぐさ。
その雰囲気は言語的表現を超えて威厳で空間を占める。

TBSスタッフの皆様!
赤い情熱のラッパ集団でお世話になりました。

ありがとうございました!

【習慣化された美の】

=極致=

静寂の中の冷静な試合運び。淡々と。

=コンマ一秒の進化=

積み重なるサムシングの競演。決定的瞬間に立ち会う緊迫感じちゃう。

我々も参りましょ

学-6

子曰、弟子入則孝、出則弟、謹而信、汎愛衆而親仁、行有餘力、則以學文、

子の曰わく、弟子(ていし)、入りては則ち孝、出でては則ち弟、謹みて信あり、汎(ひろ)く衆を愛して仁に親しみ、行いて余力あれば則ち以て文を学ぶ。

先生がいわれた、「若者よ。家庭では孝行を!外では悌順に、慎んで誠実に行動しなさい。そのうえで、だれでも広く愛して仁の人(良き友人)に親しめ。そのようにしてなお余裕があれば、そこで書物を学ぶことだ」
学-07

子夏曰、賢賢易色、事父母能竭其力、事君能致其身、與朋友交、言而有信、雖曰未學、吾必謂之學矣、

子夏が曰わく、賢を賢として色に易(か)え、父母に事(つか)えて能(よ)く其の力を竭(つく)し、君に事えて能くその身を致(いた)し、朋友と交わるに言いて信あらば、未だ学ばずと曰うと雖ども、吾は必ずこれを学びたりと謂わん。
子夏がいった、「すぐれた人をすぐれた人としてそれを慕うことは美人を好むようにすること。父母に仕えてはよくその力をつくし、社長に仕えてはよくその身をささげ、友達との交際ではことばに誠実さがあるように心掛ける。そうゆう物なら、だれかがまだ学問はしていない(学歴がないとか)といったところで、わたしはきっと学問(学歴以上の実が)あると評価する。

澁澤栄一曰く

學は即ち日々の実生活に適用するがためなり。
然らば則ち學は行うの半ばにして、學ぶところを実際に行施するに間断あるべからず。時々刻々習熟して始めて知行合一の本位に叶うべし。

安岡正篤曰く
実業界で真剣に実業に携わって、酸いも甘いも噛み分けた、そこまでやった人が論語を講ずると、
=論語は【本物】になる
『論語』は、多くの人が誤解しているような。

=學問道徳=

をといたものではなく。日常生活のごくあたりまえの、ありふれたものを語って説明。

言わんとすることはなにかを捕らえるべきで。
字句の解釈。学問上の問題とかでははかれない、ようです。

出家してではなく。
日常生活。
親もあればひともいる。守るべき伝統もあれ。
新たに【何なんだ!】というものは創りかえ。
実情を実生活をなんとかしていく。

澁澤栄一曰く

成功不成功は多くの歳月を経て。天定まるののち初めて決算せらるべきものである。
ゆえに永遠の成功者たらんと欲せば、第一人情に厚く。人のため国のため犠牲となる心掛けなかるべからず。

澁澤栄一曰く
ひとと約束するときにはまずは約束を義理に近いかいなかを考えよ。
まずは自分の私利私欲でなく全体にプラスになるか自分の良心で考えてみてから私利私欲でないとした後に約束をせよ。
不道徳に目先の欲望で約束すると。実行できないだろうし、仮に実行してしまえば必ず人道に背いて法律を犯すにいたらん
孔子様の発展段階説

まずは【修身】
自らの克己・研鑽・自己実現するための段階。

できれば【斉家】
父母を敬い、家を治める
さらに【治国】
地域・社会・会社・国
社会貢献。

そして【平天下】
愛と平和と世界。国際平和か?

※個人の向上と社会貢献
まだまだ
学びはもりだくさん!
=楽しい視点最高=
=気づく!湧く湧く=
★☆彡☆彡☆彡☆彡
■□■□■□■□
ありがとうございます!プロジェクト13%
分科会
【論語と算盤】
研究会川上茂康です。
\(^O^)人(^O^)/
■□■□■□■□
[PR]
by project13percent | 2006-09-30 04:44 | 論語勉強会ー學而


<< 子曰く 楽しむひとには誰も勝てない! 口コミ爆発!【論語】ブーム! >>