明治M&Aシミュレーション パート③

明治M&Aシミュレーションを12月10日、文京学院大学で開催しました。
今回は、異世代間の間のバトルです。

女子高生チーム (三井財閥)
d0013542_844465.jpg


















女子大生チーム (渋沢財閥)
d0013542_845403.jpg


















女子社会人チーム (三菱財閥)
d0013542_8465040.jpg


















M&A専門チーム (浅野財閥)
d0013542_8473083.jpg

















今回は、「株主」も参加することになりました。
経営者は、新事業や合併というアクションを起す際に
株主を説得しなければなりません。
余裕なところもあれば、渋い顔をしているところもありました。

コーポレートアクションは下記のとおり。


三井財閥は、
特定な分野に特化し、世界の中心へと発展。
イギリスの拠点を活用し、ジャパニーズ・スタイルを売り込む。
昔の紳士は帽子をかぶっていたので、特にこの分野で。

そのために、
① 渋沢の大阪紡績を買収
② 三菱の日本郵船を30%買収して仲良しになる
③ 三井倶楽部を設立して、株主をおもてなしする。
d0013542_917577.jpg

















d0013542_9175597.jpg



















三菱財閥は、
日本一を目指して、豊かな日本へ。 インフラ整備する。
そのためには、脱政商はせずに、フルに政治を利用する。

① 浅野セメントを買収
② 鉄道やエネルギーの開発
③ 丸の内開発

d0013542_9201923.jpg


















d0013542_9205522.jpg

















渋沢財閥は、
いくつかのバランス良い経営を目指し、渋沢から始まる
人生のライフスタイルを提供

① 帝国ホテル から旅行会社(新婚旅行など)へ発展
② 王子製紙から出版へ。 新聞で情報の伝達。
③ 浅野セメントを買収して渋浅ホームを設立

d0013542_9213019.jpg

















d0013542_9215914.jpg


















浅野財閥は、
皆で一緒に成功するグループを目指す。
支配権にはこだわらない。

グループの基本方針であるABCDEFは
Agility,Broadmind,Collaboration,Decentralization,
Entreprenuership,Flexibility

① 損害保険業務に展開でキャッシュを稼ぐ
② 友好的な関係を持つために戦略的事業売却
③ White Knightになる。

d0013542_922467.jpg


















d0013542_923617.jpg


















各チームは交渉テーブルに着きましたが、
浅野財閥と渋沢財閥に合併することに合意しました!

d0013542_928463.jpg



一方、やや追い込まれた形になった三井財閥、三菱財閥ですが。。。

d0013542_9291319.jpg



ここで、株主に見守れながら三井財閥は、三菱財閥と30%株式交換を発表!!
金融持ち株会社で損害保険など金融部門への展開も。        

d0013542_9331254.jpg



開始のときには均等に分かれていた株主は、このような展開を見て、
どのような資本移動があったか?


① 三井 8 株主  やっぱり、おもてなしが効いたようです。

② 浅野 7 株主  資本不足をABCDEFで挽回!

③ 三菱 4 株主  苦しい展開をなんとか凌いだのですが。

④ 渋沢 2 株主  経営者の合併にノーという判断を。


今回は、交渉テーブルや株主という新しい特徴をゲームに取り組んだ
ために一層、盛り上がりました。 

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!
[PR]
by project13percent | 2005-12-11 09:01 | 明治M&Aシミュレーション


<< 「美しさ」って何でしょう(演奏... アートとファイナンス(主催:イ... >>